スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子関係&育つ環境

Q : 隣国の北朝鮮で生まれてくると、
ちょっと大変かなと思ったりしますが、それも今の人生を生きるために
その環境がついてきたということですか?


A : 勿論、
その状況を望んでいないように見えたとしても
やはり、自分がそれを体験するという風に決めて生まれてきています。

Q : 同じ人間として、
ボランティアではないですが、
ユニセフに寄付したり、
サポートというのがありますが、
情けをかけるというのはどうなんでしょうか?

A : その行動を移すのに
情けというのは一つのきっかけとして大事なものだとは思います。

思いを入れること自体悪いわけではありませんが、
今、自分が日本というある程度裕福な暮らしができる安定した国の中で、
生まれていて、
貧困に苦しむ国の人を見たら、
可哀そうとい気持ちがあったりしますが
逆に自分がその立場、
逆の立場だったら、
自分のことを可哀そうと思って、
生きている訳ではないと思うのです。


勿論、苦しいとかはあるかもしれませんが、
自分たちって可哀そうな国に生まれて、
可哀そうな人たちなんだと思って、生きている訳ではないので、
実際、そこにいて、
経験している人の気持ちというのはわからないと思うのです。
なので、
そこに対して、
同情する必要性は全くないです。

あなたが生きるためのサポートを私はするよという形でOKなのです。

Q : 貧困に対するイメージというのは、
こちら側、見る側の解釈なのですね?

A : そうです。

自分が同じ貧乏な国に生まれ、
貧乏な家庭に生まれていてというのだったら、
自分と変わらないなと思うと思うのです。

こっちの方がもっとひどいよと思うかもしれませんし、
やはりポジションによって、見方も考え方も感じ方も違います。

スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

hiroko

Author:hiroko
hiroko☆と金星人アブダビさんの世界へようこそ!

宇宙人である金星人アブダビさんは、光の存在で、
私達のように姿形があるわけではありません。
 
瞬時に時空移動ができ、宇宙や地球を飛び回っています。

金星人アブダビさんの楽しい波動を
共有できたら嬉しい!!です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。